Globe-Trotter


好きなものや興味のあることなどいろいろ♪
by lilyrose-melody
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

めがね

c0159844_23403082.jpg






『かもめ食堂』が大好きだったので、同じ監督の作品である『めがね』を
見てみました。

特に何か事件が起こるわけでもなく、ただただゆっくりと時間が
流れていく・・・という、ゆるーい映画です。
これといった明確なストーリーもありません。
起承転結のはっきりしたハリウッド映画が好きな人には
理解できない映画だと思います。
逆に、私のようなアンチ・ハリウッド映画派には楽しめる映画でした。
好き嫌いがはっきり分かれるでしょうね。

春のある日、とある南の島の小さな民宿『ハマダ』を訪れたタエコ(小林聡美)と
そこに集まる人たちとのお話です。
内容は、それだけといえば、それだけです(苦笑)。

民宿『ハマダ』の主人ユージ(光石研)と愛犬コージ
春になるとどこかからやってくる不思議なカキ氷屋のサクラ(もたいまさこ)
高校教師のハルナ(市川実日子)
タエコを追ってやってきたヨモギ(加瀬亮)
登場人物に関する情報もコレだけ。
彼らの私生活はナゾです。そもそも、タエコがこの南の島にきた理由もナゾ。
一応、「携帯電話の通じなさそうなところだから来た。」と説明していますが・・・。
タエコが観光しようと思っているが、どこにいけばいいのかと質問すると、
この島には観光するところなどないと答えるユージ。
じゃあ、みんなココに何をしにくるの?
答えは単純明快。「たそがれ」に来るのです。

ユージの「過ぎていくのを待ってるんですよ。」
このセリフに全てが集約されてるような気がします。
白い砂浜に座って、美しい青い海を眺めて、たそがれる・・・。
なんて贅沢で素敵な時間の過ごし方なんだろうと思いました。

それにしても、ユージの描く地図と説明が最高!
「車でずーっと走って、不安になってきたらガマンして、
そのまま2分くらい走って、そのあと右折する」
このユルさがたまらない~(笑)。

『かもめ食堂』もそうでしたが、この映画も食事シーンがやたら多い。
豪華な料理が出てくるわけではありませんが、どれも素朴で美味しそうです。
サクラさんのゆで小豆が入ったカキ氷も食べてみたいな♪

この映画のゆるい空気感を読める人には楽しい映画だと思います。
私的には笑いのツボがいっぱいあったし。
とても癒される風景に、見ながらつい、たそがれちゃいました(苦笑)。
そんなわけで、立て続けに3回も見てしまった~!ははは。
[PR]
by lilyrose-melody | 2009-03-05 23:47 | Film

★トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
神戸 レストラン
旅行口コミ情報

お気に入りブログ

heart shaped...
gilo,Enchant...

外部リンク

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

画像一覧