Globe-Trotter


好きなものや興味のあることなどいろいろ♪
by lilyrose-melody
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アートと遊んだ休日

結局、瀬戸芸のことを書くのに1ヶ月もかかちゃった!(遅いっ)
本来なら、全部の島を巡りたかったところですが、
それでも今回のアート巡りは楽しかった。
たった一日の夏休みだったけど堪能しましたよ。

そういえば、小柳ルミ子さんが歌っていた「瀬戸の花嫁」の舞台は
女木島なんだそうです。「あなたの島へお嫁に行くの~」とか、
そんなような歌詞があったと思うんですけど、一体ドコの島に
お嫁に行ったのか、ちょっと気になっちゃいました(笑)。
まあ、そんなことはどうでもいいんですけどね。

ブログでは一部の写真しか載せていませんが、
また少しずつFlickrにアップしていく予定です。

直島だけ以前行ったことがあるのでFlickrに写真をアップしています。
興味のある方はご覧になってくださいね!
リンク→here

では、今回で一応、瀬戸芸についての投稿は終わりです。

次は『あいちトリエンナーレ』と『六甲ミーツ・アート芸術散歩2010』に
行く予定です。芸術の秋ですからね!
[PR]
by lilyrose-melody | 2010-09-21 22:21 | 2010 瀬戸内国際芸術祭

フラワー/ハッピースネーク

<高松港・各島>

Flower/Happy Snake
(ジョゼ・デ・ギマランイス)

芸術祭の観光案内看板もアート作品でした。

c0159844_2159413.jpg

c0159844_21591994.jpg

[PR]
by lilyrose-melody | 2010-09-21 21:59 | 2010 瀬戸内国際芸術祭

ピー・アール・オー・エム

<高松>

PROM:Prosthetic Restoration of Our Memory
(椿 昇)

c0159844_2153441.jpg

高松港管理事務所だった建物をミラーパネルで覆い、
周囲の風景と同化させるという作品。

中に入ってみると、映像作品が上映されていました。
[PR]
by lilyrose-melody | 2010-09-21 21:53 | 2010 瀬戸内国際芸術祭

Liminal Air: core

<高松>

■Liminal Air:core
(大巻伸嗣)

c0159844_23411477.jpg

c0159844_23413199.jpg

高松港の門となるオブジェ。
鏡面仕上げの表面が時とともに変わる周囲の景色を反射し、
見る角度によってその姿も変化するというもの。
柱は他者から見た人間を表しているんだそうです。
[PR]
by lilyrose-melody | 2010-09-13 23:04 | 2010 瀬戸内国際芸術祭

Restaurant IARA Megijima

Restaurant IARA Megijima は「不在の存在」に併設されています。
作品「見えないもの」を鑑賞しながらディナーを頂くことができました。
レストラン名の「IARA」はレアンドロ・エルリッヒの娘さんの名前とのこと。
絶対にこのレストランで食事がしたいと思っていたので、
あらかじめ予約をしていました。ただ、予約はディナー(コース料理)のみ
受け付けOKでした。

ディナータイムは17:00からですが、帰りのフェリーの時間が18:10
だったので、ゆっくり食事をすることが出来なかったのが残念です。
コースはイタリアンで料理のレベルはけっこう高いと思いました。
すごく美味しかったです!
テーブルを担当してくれた女性がすごい美人だったのですが、
イヤな顔ひとつせず、こちらの要望(急いで料理を出してもらったこと)に
答えて下さって、本当に感謝しています。

■コースメニュー(3200円)

前菜(生ハム・オニオン・オレンジ・桃のマリネ)
トマトの冷製スープ(ジュレ仕立て)
パン(オリーブオイルと塩こしょうで頂きました)
魚介類と夏野菜のパスタ(オイルベースのリングイネ)
スズキのグリル
ラズベリーのパンナコッタ
ジンジャーエール

食前に愛媛産いよかんのジュース(600円)を頂きました。
こちらも美味しかったです。
[PR]
by lilyrose-melody | 2010-09-13 22:43 | 2010 瀬戸内国際芸術祭

不在の存在

<女木島>

■不在の存在 :「見えないもの」「二重の茶室」
(レアンドロ・エルリッヒ)

金沢21世紀美術館の人気作品「スイミング・プール」で有名な
レアンドロ・エルリッヒ。彼の作品を体感するのを楽しみにしていました。
「不在の存在」という作品は2つの作品で構成されています。

1つは「見えないもの」。
足跡が現れたり消えたりする石庭。
石庭にジャリジャリと石を踏みしめる音と共に足跡がついていくんです。

もう1つは「二重の茶室」。
部屋に入ってみると、壁に鏡が2つ掛けてあるごく普通の和室。
手前の鏡を見ると自分の姿が映っていました。
ところが、奥の鏡を見ると・・・あれ?誰も映ってない!?
もう一度、手前の鏡を見る。うん、ちゃんと私が映ってる。
で、もう一回奥の鏡を見たら・・・え!?知らない女性が映ってる。誰だーーー!?
ちょっと怖くなって、どうしようかと思ってたら、奥の鏡から女性が出てきた!
そうです、奥のは鏡ではなく、隣の部屋の出入口だったのです。
完全にトリックアートに引っかかりました。
作者の思う壺ですねー(苦笑)。

こちらは、客どうしが出会い、食べることを共有できる空間を
創出ということで、レストランが併設されています。
[PR]
by lilyrose-melody | 2010-09-13 22:29 | 2010 瀬戸内国際芸術祭

福武ハウス2010

<女木島>

■福武ハウス2010
世界のギャラリーとスペシャルプロジェクト

c0159844_22505352.jpg

休校中の女木小学校と旧保育所が会場で、
国内外のギャラリーがそれぞれ個展形式で作品を展示。
各ギャラリーのオススメのアーティストなんでしょうね。
全体的に映像作品が多かったです。
それが今のアート界の流行なのかな?

私が観た作品は下記の通りです。

●ロスト・パラダイス(杉本博司)
●風の精(辻直之)
●トランスフィギュレーション/ヘレナ(ビル・ヴィオラ)
●マジック・マウンテンⅡ(ビョルン・ダーレム)
●ファントムアイランド(ジュン・ヤン)

杉本博司はすごく好きなアーティストで期待をしていただけに、
今回の作品はイマイチだったかな。
ビル・ヴィオラの生と死、再生をテーマにした映像は、
映像自体も美しくてとても興味深いものでした。
ずっと観たいと思っていたアーティストだったので、
今回観ることができて良かった。
あと、ビョルン・ダーレムの作品がちょっと可愛いくて、
欲しいなと思いました。いくらくらいするのかなー?
[PR]
by lilyrose-melody | 2010-09-09 22:50 | 2010 瀬戸内国際芸術祭

均衡

<女木島>

■均衡
(行武治美)

c0159844_22304459.jpg


手作業で削り出した1万個以上のミラーガラスのパーツが
キラキラしてとてもキレイでした。
なかに足を踏み入れると、みずからの姿や周囲の風景がガラスに映り込み、
あたかも迷宮にいるかのような感覚が体験できる作品です。
[PR]
by lilyrose-melody | 2010-09-09 22:30 | 2010 瀬戸内国際芸術祭

カモメの駐車場

<女木島>

■カモメの駐車場
(木村崇人)

c0159844_2201012.jpg


ずらーっと並んだカモメが可愛い。
女木島はとても風の強い島なので、カモメ(風見鶏)が向く方向で、
目には見えない風の形を視覚的に表現しているそうです。

近くで見ると、カモメの顔がちょっとコワイ(苦笑)。
c0159844_2205787.jpg

[PR]
by lilyrose-melody | 2010-09-09 22:01 | 2010 瀬戸内国際芸術祭

20世紀的回想

<女木島>

■20世紀的回想
(禿鷹墳上)

c0159844_2142189.jpg

フェリーの中から見えていた作品。
海辺にポツンと置かれている光景が映画「ピアノレッスン」を
思い起こさせました。時折聞こえてくるピアノの音色が
なんともノスタルジックでした。
この日はとても晴れた青空だったけど、黄昏時の寂しい雰囲気のほうが
似合う作品だと思います。

ちなみにカラーだとこんな感じ。
c0159844_21433448.jpg

[PR]
by lilyrose-melody | 2010-09-09 21:45 | 2010 瀬戸内国際芸術祭

★トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
神戸 レストラン
旅行口コミ情報

お気に入りブログ

heart shaped...
gilo,Enchant...

外部リンク

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

画像一覧