Globe-Trotter


好きなものや興味のあることなどいろいろ♪
by lilyrose-melody
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ヴィルヘルム・ハンマースホイ展-静かなる詩情

国立西洋美術館へ『ヴィルヘルム・ハンマースホイ展-静かなる詩情』を
観に行ってきました。
c0159844_14391778.jpg


音声ガイドで解説を聞きつつ、じっくり2時間ほど鑑賞してきました。
この音声ガイドはなかなかハイテクで、絵と見比べることができるように、
絵に描かれている建物などの写真画像が見れるようになっていました。
しかも、絵によってはBGMが流れるんですけど、
これがなんとエリック・サティ。この音声ガイドの作成者は、
よく分かってるな~と思わず嬉しくなってしまいました。
ハンマースホイの絵とサティの音楽ってパーフェクトマッチですもの!

ハンマースホイの絵は写実的でありながら、ドアノブが描かれていなかったり、
椅子の足が少なかったりなど非現実的で不思議な感じがします。
人物は妹のアナと妻のイーダを描いていることが多いのですが、
どこに視線を向けているのか分からなかったり、後ろ姿ばかりで
何かを語るということはなく、むしろ、絵に描かれていることを
解釈されるのを拒んでいるかのようです。
部屋の絵は実際に画家夫妻の暮らしたクリスチャンハウンにある
ストランゲーゼ30番地が多いのですが、誰もいない空間が広がっています。
ハンマースホイ自身、誰もいない室内に対する独特の美意識を
持っておりインタビューで、「私は常に、この部屋のような美を思っていた。
たとえ人がいないとしても、いや正確に言えば誰もこの部屋に
いないからなのだろう。」と語っています。誰もいないからこそ、
部屋に差し込む陽光の美しさが際立っているように思いました。
彼は風景画にも取り組んでいるのですが、いわゆる観光地や幹線道路など
明らかに人が多い場所であっても、人間は排除されおり、
静けさのみが表現されています。彼は流行のスタイルに流されることなく、
自分の美意識を生涯守り通した画家です。
今回の展覧会にはハンマースホイと同時代に活躍した画家達の絵も
展示されていたのですが、正直、なんだかつまらない絵だなと思いました。
なんというか、良くも悪くもなく普通なんですよね。

ハンマースホイの絵を観ていて、マイケル・ケンナの写真を思い出しました。
ケンナは私の一番好きな写真家なのですが、彼の作品も人物は
排除されています。私自身も写真を撮るときに、人物を撮る、あるいは
写りこむことが好きではありません。
ハンマースホイやケンナの作品に惹かれるのは、
彼らと同じような美意識を持っているからなのかもしれません。
今回の展覧会を通して、自分の美意識を貫き通す大切さを
学んだように思います。
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-12-03 15:37 | Art/Photo

bbf : test shooting

bbf の test shooting をしたフィルムをやっと現像しました!
予想どおり、トイカメラらしい写りです。意外とブレずに写ってるので驚きました。

この日は雨が降りそうなくらいの曇った天気だったのですが、
それがかえって水彩画っぽい淡い色になったのがけっこう気に入りました。
c0159844_1872670.jpg


モノクロもけっこういい感じです。
c0159844_1814437.jpg


カフェの入り口なんですが、ちょっと外国っぽい雰囲気。
c0159844_18211725.jpg


晴れた日に撮ったので、紅葉が色鮮やかです。
c0159844_22534231.jpg


使ってみて思ったのは、bbfってすごく楽しいカメラです♪
デジカメが主流になってしまってフィルム自体の販売も少なくなっていますが、
こういう楽しいカメラが発売されるという状況を考えると、アナログカメラの未来は
けっこう明るいんじゃないかな?なんて思います。
他にもまだ test shooting した写真がありますので、
後日、Flickr にアップします!
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-11-19 18:33 | Art/Photo

RICOH GX200

c0159844_2227319.jpg

RICOH GX200 を買っちゃいました!
いつも使ってるNikon SLR は重いので、「今日は撮るぞ!」って
気合の入ってる時はいいんですけど、お散歩カメラには向かない。
持ってるコンデジのFinepixはもう古くて役立たず感があるんですよねぇ・・・。
そんな訳で、そろそろ新しいコンデジを買おうと思ってたんです。
でも、できたらSLRに近い感覚で撮れる物がいいなと思って
探して見つけたのがコレでした。
GX200が持つ24mmから72mmというレンズをステップズームとして
24mm、28mm、35mm、50mm、72mmに固定可能なところが良いです。
マクロも1cmまで接写出来るのも気に入りました。
あと、オプションですが自動開閉キャップも便利です。
これがあれば、いちいちレンズキャップを外す手間が省けますから。
c0159844_22281792.jpg

両側にストラップポイントがあるのも良い点だと思います。
でも一番気に入った点は、昔ながらの写真機に近い無骨な
ルックスかもしれません。やっぱり何でも見た目が大事!?
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-11-12 22:44 | Art/Photo

Lubitel Universal 166+

以前からLubitelが欲しいと思っていて、そんなところでPatrickと
出会った事によって欲しい熱がさらに加速し、最近、中古カメラ市に
行ってみたりオークションをチェックしたりしていました。
このカメラは生産終了している為、中古しか流通していないんです。
オークションにしろ、ネットショップにしろ、中古カメラを現物を見ないで買うことに
抵抗があるんですよねぇ。店頭販売してるところにも、あんまり出会わないし。
あー、でも欲しいーーー!と思っていたところ、うれしいニュースを
キャッチしました。
今年のPhotokinaで『Lubitel Universal 166+』が発表されました!
海外でも購入は数週間待ちという状態なんだそうです。
再生産されることによって、いろいろプラスアルファがあるようです。
「Lubikin」という別売りのキットを使えば135フィルムも使えるようになるらしい。
新機能、便利機能も搭載されるとのコト。
日本でも2009年に発売されるようなので待ち遠しいな♪
c0159844_19132835.jpg
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-11-07 19:27 | Art/Photo

I got a "blackbird,fly"!

"blackbird,fly"を買っちゃいました!色はブルーです。
現物を見たら、どうしてもお家に連れて帰りたい衝動に駆られてしまったんです。
可愛いすぎ♥♥♥
c0159844_2271125.jpg
AGFAのフィルムケースもなんだかとってもカラフルでキュート。
B&Wのフィルムしかストックがなかったので、とりあえずカラーフィルムを2本購入しました。AGFAって鮮やかな色なので大好きです。

ケースが鳥かごみたいな形でこれまた可愛い♪
c0159844_2253375.jpg


お家に帰ってさっそくフィルムのセットをしたんですが、
これがウワサどおり、ちょっと面倒くさい・・・。
でも、手間のかかるコほど可愛いかったりするんですよね(苦笑)。
どんな風に写るのか楽しみです♪
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-11-04 22:28 | Art/Photo

blackbird,fly

面白いカメラを見つけました!
c0159844_15561445.jpg

blackbird,fly』という35mmの二眼レフカメラです。
さすがトイカメラ、このチープさがたまりません(笑)。
しかしながら、12,600円という微妙なお値段。
せめて、1万円以下だったらねぇ・・・と思ってしまうのです。
でも、210gと軽いのでお散歩カメラには良さそう。
ブラック・ブルー・オレンジの3色あるんですが、
買うならブルーかオレンジかなぁ。
トイカメラなんだから、おもいっきりおもちゃっぽいほうが
いいかなって思うわけです。
結構人気があるらしく、オフィシャルサイトのショップでは品切れ中とのこと。
注文すると自動的に予約待ちになるんだそうです。
店舗での販売もしているみたいなので、週末にチェックしに行こうかな。
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-10-27 16:11 | Art/Photo

Monsieur Patrick Tabernaとの出会い

c0159844_219598.jpg

週末にPatrick Tabernaの写真展に行ってきました!
そして、ラッキーなことにPatrick本人が来ていたので、
お話することができました!
Patrickはちょっとシャイだけど、とても優しい人でしたよ。
それにしても、写真家本人の解説付きで作品鑑賞できるなんて
思ってもいなかったので、すごく贅沢だなぁ~と思いました。
c0159844_21105630.jpg

彼の作品は、とても曖昧な、過去の記憶のようなイメージが多く、
暗いトーンだったり、すこしブレていたりするため、際立ったテクニックで
人を魅了するというタイプではありません。ですが、その写真のトーンは
人の心に訴える何かがあります。メランコリックでちょっと切ない感じがします。
気になったので、彼にどんなカメラで撮影したのか聞いてみると、
ゴソゴソとバッグから取り出して見せてくれたのですが、
なんと、Lomoの二眼カメラLubitelでした!
「軽いから旅行に持って行くのに、ちょうどいいんだ。」とのコト。
パリの日常風景を撮影したものと、中近東を旅行して撮影した
2冊のモノクロ写真のフォトブックも見せてくれました。
昔はモノクロばかり撮っていて、最近、カラーにシフト
したんだそうです。しかも、初期はLeicaを使ってたのに、今はLomo(笑)。
写真集を買ったのですが、Patrick自ら「サインするね。」と言って、
サインしてくれました!
c0159844_2111347.jpg

それから、『memoire morte』という小さなフォトブックを頂きました。
そこには彼の祖母が死ぬ直前まで胸に秘めて語ることのなかった
本当の祖父への追憶が綴られていました。 第二次世界大戦中、
ドイツ人兵士と恋をして子供を授かった(それが彼の母親らしい)のですが、
相手はロシアの前線に送られてしまい、それきり死ぬまで会うことは
なかったそうです。「memoire morte(=死んだ思い出)」というタイトルに
いろいろな想像が広がります。Patrickは祖父の足跡を求めてドイツに旅行し
祖父の名前も突き止めたそうですが、写真にはそのような重苦しい空気は
あまりなく、少し切ない、でもどこかユーモラスな雰囲気が漂っています。
c0159844_21121431.jpg


最近、他人の写真を見たりしていると、HDRでレタッチされたダイナミックで
コントラストがハッキリしたテクニックがすごそうに見える作品が多いので、
そういうのじゃないとダメな気分にさせられていたのですが、
重要なのはテクニックだけではないんですよね。
Patrickと出会ったことによって、写真に対する迷いが
少しなくなったように思います。
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-09-24 21:23 | Art/Photo

Vilhelm Hammershøi-静かなる詩情

大好きなデンマーク人画家Vilhelm Hammershøiの日本での初の展覧会
『Vilhelm Hammershøi展-静かなる詩情』
9月30日(火)~12月7日(日)東京の国立西洋美術館で開催されます。

c0159844_22142260.jpg


Hammershøiの描く光と影や色の繊細さがとても好きです。
彼について調べていくうちに、イギリスと深い関わりがあったことが分かりました。
生涯で少なくとも6回はイギリスに滞在し、1913年4月、
生涯最後の国外旅行の地もロンドンだったそうです。
彼と同時代のデンマーク人画家の多くは美術大国である
イタリアや特にフランスに多大な影響を受けたようですが、
Hammershøiの場合はイギリスが第二の故郷と呼べる地だったようです。
冬のロンドンを訪れたことのある人ならその陰鬱などんよりした空気を
体験したことがあると思いますが、灰色に包まれた冬のロンドンの景色は、
モノトーンを好むHammershøiの色彩感覚と合っていたのだと思われます。
私も初めてコペンハーゲンを訪れた時の印象は、ロンドンに似ていると思い、
とても懐かしい気持ちがしました。
冬のロンドンは故郷コペンハーゲンの風景を思い起こさせ、
そのモノトーンの世界は彼の詩情を掻き立てるものであったようです。

c0159844_2255273.jpg
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-09-11 22:16 | Art/Photo

Au Fil Des Jours -時の過ぎゆくままに-

この写真に一目惚れしました!
c0159844_2352379.jpg
フランスのパトリック・タベルナという写真家の作品です。
現在、神戸で日本初の個展『Au Fil Des Jours -時の過ぎゆくままに- 』を
開催中。

c0159844_2385028.jpg

全体的にぼんやりとピントが甘いのですが、
遠い記憶の断片や儚い夢のようなイメージはなぜか懐かしい気持ちになります。
詩的で静かな写真ですが、とても心を揺さぶられました。
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-09-10 23:12 | Art/Photo

★トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
神戸 レストラン
旅行口コミ情報

お気に入りブログ

heart shaped...
gilo,Enchant...

外部リンク

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

画像一覧