Globe-Trotter


好きなものや興味のあることなどいろいろ♪
by lilyrose-melody
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:London: Reminiscence( 3 )

空港でのトラブルは凹む

数日前、友達が語学留学でフランスへ旅立って行きました。
飛行機のトラブルで11:35のフライトがなんと、
翌日の午前2時になってしまったそう。
出発前にこういうトラブルがあると、不安ばかりつのるよね。
無事にフランスに到着したので良かったわ!
そんな彼女のブログを読んで、自分自身の記憶と重なった。
飛行機のトラブルは凹むよねー。

-------

それは2度目のロンドン留学の時のこと。
空港に着いて、チェックインカウンターに行っても誰も係員がいない。
なんでだろう?と思って、案内板を見ると「DELAY」の文字が!?
歩いていた空港スタッフを呼び止めて事情を聞いてみると、
詳細はわからないが、飛行機の機材トラブルでアムステルダムから
5時間ほど遅れて離陸したようだとの事。
それからしばらくして、チェックインカウンターがオープンし、搭乗手続きをした。
搭乗手続きで、アムステルダムで乗り換えなければいけないことを説明し、
すぐに降りれるようにということで、出入り口に近い席にしてもらえた。
5時間遅れているので乗客全員にミールクーポンが手渡された。
しかし、これが使えるお店が少なかったのよね。
その後、ヒースローまで迎えに来てくれる予定の友達に連絡。
アムスで乗り換えがすぐ出来るかどうかわからないので、
またアムスから連絡を入れるということで電話を切った。

関空からアムスに到着。ダッシュで乗り継ぎ手続きカウンターへ。
その日のヒースロー行きがもうないとのこと。
ヒースロー以外のガトウィックでもルートンでもないのかと交渉するも、
やはりその日のフライトはもう空きがないとのこと。がーん、ショック。
そのやり取りを見ていた日本人団体旅行の添乗員さんたちに、
「どちらの旅行会社の方ですか?お互い大変ですよねー。」と言われた(苦笑)。
添乗員じゃなく、個人客だっつーの!
結局、早朝のヒースロー行きを確保し、KLMが用意してくれたホテルへ。
アムスから友達@ロンドンに電話。早朝に着くことを話すと、とりあえず、
ヒースローに着いたら連絡してとのこと。
日曜につくはずが月曜になったので、会社に行かなきゃいけないので、
迎えにいけないってことになった。そりゃそうだ。

翌朝、アムスからロンドンに到着。友達@ロンドンに電話。
会社でスーツケースを預かってくれるというので、とりあえず会社近くのカフェへ。
ランチタイムにやっと友達に会えた。スーツケースを預けて、仕事の終わる17時に
また会社で落ち合うことになった。

第二の故郷でもあるロンドン。以前にも住んでたし、それからも日本-ロンドンを
行ったりきたりの生活を10年以上していたので、いくらでも時間は潰せた(苦笑)。
Tubeに乗って、オックスフォード・サーカスまで行って、街歩き開始。
いろんなショップやデパートを冷やかしつつ歩いたっけ。
ロンドンはいつだってエネルギッシュで歩いてるだけで楽しい。
日本はみんな似たような服装で歩いてるけど、ロンドンっ子は個性的。
なぜならこの国では他人と違うことを良しとするから。
他人と同じ事をするのはとても恥ずかしいことなのです。
そういうロンドンが私は大好き!自分が自分らしく生きていける。
そのかわり、全ての責任を自分で取らなければいけないというリスクもある。
それだけ英国人は大人なのです。日本人はすぐに他人のせいにするけどね。

そんな感じで久々のロンドンの空気を満喫しつつ、また友達の会社へ向かい、
バスにのって2度目のロンドン生活を始める友達の家に着いたのでした。
そんなことも今となってはとても懐かしい思い出です。
[PR]
by lilyrose-melody | 2010-10-06 23:01 | London: Reminiscence

Waterloo Sunset

Autumn Almanac を聴いていたら、Waterloo Sunset も
聴きたくなっちゃった。
この曲を聴くと、切なくてノスタルジックな気分になっちゃいます・・・。
歌詞の情景がはっきりとヴィジュアルイメージとして頭の中に浮かんできます。
夕暮れ時、学校の帰りにテムズ川沿いをよく散歩してたことを思い出しますね。

以前、BlurのDamon Albarnが「詩的かつ知的な曲」だと言っていましたが、
本当にその通りだと思います。この時代のイギリスの音楽ってすごく好き。

Waterloo Sunset Lyrics is here.


[PR]
by lilyrose-melody | 2008-11-12 21:22 | London: Reminiscence

Autumn Almanac

c0159844_23555928.jpg

c0159844_2355889.jpg

秋も深まってきましたね。
落ち葉や紅葉を見て秋を感じると必ず思い出す曲があります。
それはThe Kinks の「Autumn Almanac」。
そして、この歌を聴くと自動的にロンドンを思い出します。
イギリスのアーティストといえば、The Beatlesなのかも知れませんが、
ロンドンのアーティストといえば、やっぱりThe Kinksって気がします。
The KinksはロンドンのMuswell Hill出身なのですが、
私が初めてロンドンで暮らした場所がMuswell Hillでした。
「Autumn Almanac」の歌詞ってリアルにロンドンの生活を感じるんですよね。
この曲を聴くと、その情景が目に浮かんできます。
特に、「This is my street, and I'm never gonna leave it,
And I'm always gonna stay here ・・・」っていう歌詞の一節を聴くと、
Muswell Hillの街の風景を思い出して、なんだか切ない気持ちになります。
街の人たちはとっても優しくて親切で、いつも行くパン屋のおばさんや
雑貨屋さんの店員さん達は「Hello, darling!」って声を掛けてくれたりして、
そういうのがすごく好きでした。
その後、Hampsteadに引っ越してしまったので、Muswell Hillにはそれ以来、
一度も行っていないのですが、思い出がたくさんある場所なので
機会があればまた訪れてみたいです。

というわけで、「Autumn Almanac」でロンドンの秋を感じてみてください。
歌詞はコチラにあります。→here

<The Kinks - Autumn Almanac>

[PR]
by lilyrose-melody | 2008-11-10 23:58 | London: Reminiscence

★トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
神戸 レストラン
旅行口コミ情報

お気に入りブログ

heart shaped...
gilo,Enchant...

外部リンク

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

画像一覧