Globe-Trotter


好きなものや興味のあることなどいろいろ♪
by lilyrose-melody
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

旅の終わり 2006-09-05

1週間過ごしたデンマークともお別れ。
帰りたくなくて、コペンハーゲンに住みたいと思った。
あくまでも私の主観にすぎないけど、デンマーク人って真面目で仕事が早い。
それにとてもフレンドリー。電車もon timeに来るところがいい。
コペンハーゲンの印象は全体的にロンドンの郊外という雰囲気だった。
今回は本当に観光地ってところしか行けなかったので、
次回はNørrebro周辺をゆっくり行ってみたい。
このエリアはオシャレなカフェがいっぱいあるのよね。

セキュリティチェックに時間がかかるかもしれないので、早目にホテルを出た。
中央駅で空港行きのチケットを買って、プラットホームへ。
発着案内のモニターをチェックすると、あと5分で電車がくることになっていた。
ところが10分経っても電車が来ない!!
ホームで電車を待ってる人たちがソワソワし始めた。
何やらデンマーク語でアナウンスが流れてきた。
全部を聞き取れたわけではなかったけど、あと15分で電車が来るらしいことが
分かった。近くに立っていたイタリア人かフランス人っぽい女の人が
「あなたも空港へ行くの?電車来ないわね~。」と話しかけてきた。
「あと15分くらいで来るみたいですよ。」って答えると、ホッとしたようで
ニコっと微笑んでくれた。アナウンスから15分後、電車がやって来た。
空港へ着いて降りたのだけど、どっちの方向に行ったらいいんだろう?と
思ってると、ポンと肩をたたかれた。え?と思って振り返ると、
さっきの女性だった。「エスカレーターはこっちよ。じゃあね!」と
颯爽と去っていった。たぶん40代くらいなんだろうけど、
とても素敵な感じのいい人だった。ヨーロッパの大人の女性って
本当にかっこいい!あんな風になりたいな。
チェックインとセキュリティチェックを済ませ、少し買い物をして搭乗ゲートへ。
そして飛行機は離陸。アムステルダムを経由し日本へ向かった。

「You're sure to have a wonderful time in Copenhagen! 」って
旅に出る前にNickが言ってくれたんだけど、ホントに素敵な時間を
過ごすことができた。飛行機が離陸する時、本当にたまらなく悲しくなって
しまったけど、必ずここに戻ってくるという予感がした。
デンマークで出会った全ての人たち、danskの先生、そして、
今回のデンマーク行きを決定するきっかけを作ってくれた
MewとNickにTusind tak !!!
Vi ses, Danmark. Favel, på gensyn!
[PR]
by lilyrose-melody | 2011-04-05 17:09 | 2006 Denmark&Malmö

お気に入りのレストラン

c0159844_1703713.jpg

コペンハーゲンで一番お気に入りのレストラン。
Nickが伝統的なデンマーク料理を食べるならココって教えてくれた。
Mewのメンバーもお気に入りのお店だそう。

お値段もお手頃ですごく美味しかった。
滞在中、2回も行っちゃった。
本当にお気に入りなので絶対に誰にも教えません(笑)。
興味のある方は自力で探してください。
(ちなみに日本のガイドブック等には載っていません。)
[PR]
by lilyrose-melody | 2011-04-05 17:00 | 2006 Denmark&Malmö

LêLê nhà hàng

c0159844_1644362.jpg

ベトナム料理店「LêLê nhà hàng」
ヌードルを食べたけど、すっごく美味しかった!
しかし、食べているとなんだか視線を感じる・・・。
顔を上げたらデンマーク人たちは私の箸使いを見てたことが判明。
みなさん、フォークとスプーンで食べてた。
慣れてないとお箸は難しいみたいね。春巻きとか手づかみだし(苦笑)。
ストロイエから少し離れてるけど、食べに行く価値あり!

http://lele-nhahang.com/
[PR]
by lilyrose-melody | 2011-04-05 16:45 | 2006 Denmark&Malmö

indkob(ショッピング) 2006-09-04

ロイヤル・コペンハーゲン・ウェルカムセンターがホテルから
徒歩圏内だったので行ってみた。フレデリスクベアというエリアは
高級住宅地らしく、おしゃれなカフェやらデリがあった。
20分ほど歩いて、ウェルカム・センターに到着。
やはりここも観光シーズンが終わっているせいか、閑散としていた。
(老夫婦とゲイカップルしかいなかった。あとで日本人が2組くらいきたけど。)
始めに、フローラ・ダニカやブルーフルーテッドに関するビデオを見せてくれた。
その後、展示物やブルーフルーテッドの絵付けを見学。
最後にファクトリーショップを見たのだけど、欲しい商品も特になかった。
しかも大して安くもなかったしね。

お土産を全く買っていないのでストロイエにショッピングへ。
メトロに乗って、コンゲス・ニュートーゥで下車。
メトロを出ると、ちょうどMagasinというデパートの入口だったので入ってみた。
地下1階はまさにデパ地下定番?の食料品売り場。
ここで、友達や職場の同僚に配るお菓子類を購入。
とにかく、パッケージのデザインがオシャレ!
c0159844_16221361.jpg


それからイルムスへ。ここの地下はIrma(イアマ)というスーパーが入っている。
ここでもさらにお土産用のお菓子やオリジナルの紅茶などを買った。
もちろん、Irmaちゃんの刺繍のはいったオリジナルのブルーの布バックもゲット!
イルムスを出た後にフラッと本屋に入った。
いつも使っているdansk-engelskの辞書が大きくて重いので、
持ち歩きできるように小さいengelsk-dansk/dansk-engelskの辞書を購入。
日本には売ってないから、どうしてもこの旅行で欲しかったのだ。
結局、この旅行で自分のもので買ったのはこの辞書のみ。
服とか靴とか食器とか買うつもりだったけど、ロイコペの食器は日本より高いし、
服も英国のダサいメーカーのばっかりだし、靴も実用一辺倒って感じで
全く購買意欲をそそらなかった・・・。
インテリア関係も家具なんてすぐに必要なものじゃないし。
そんなわけで、買い物を済ませた後は先生オススメの素敵なカフェ
「La Glace」でティータイム。本当にクラシカルで素敵なカフェでした。
c0159844_16165226.jpg

[PR]
by lilyrose-melody | 2011-04-05 16:23 | 2006 Denmark&Malmö

Odense 2006-09-03

コペン市内は日曜日はほとんどのショップが閉まっているとのことなので、
アンデルセン生誕の地であるオーデンセに行った。
今回の旅で一番の遠出だった。インターシティで約1時間半で到着。
たくさんの乗客がオーデンセで降りたので、人の流れに乗っていけば簡単に
アンデルセン博物館に行けると思っていたのに、大間違いだった。
ココでもやはり観光客らしき人がいないのよね・・・。
デンマークってあんまり観光化されてないのかな?
博物館を案内する標識がない。とりあえず、地図を見ながら歩いていると、
見たことのある建物を発見。TVでアンデルセン博物館を見たことがあったので、
その建物がそうだと分かった。そういえば、博物館付近の信号がアンデルセン
だった。2005年のアンデルセン生誕記念で設置されたらしい。
博物館に入ると、日本語のリーフレットがあった。きっと日本人観光客が
多いんだろう・・・と思っていたら、案の定、日本人観光客が数組いた。
アンデルセンの生涯や作品、切り絵、旅先で描いた絵などが展示している。
館内の北東端はアンデルセンの生家の一部で当時の生活の様子が再現
されていた。この博物館のある一画は歴史保存地区に指定されているそうで、
色とりどりの小さな可愛い家が立ち並んでいる。
まるで、おとぎの国に迷い込んだかのようで絵本の世界だ。
ちなみに下の写真の黄色い家がアンデルセンの生家。
c0159844_155317.jpg


博物館を出て市庁舎のほうに行くと、何やら騒がしい。
マラソン大会が行われており、ここがスタート地点だった。
c0159844_15574162.jpg

市庁舎の前の聖クヌート教会はゴシック様式の立派な建物。
アンデルセンはこの教会で堅信礼を受けたそうで、その時に送られた靴を
モチーフに『赤い靴』を執筆したらしい。
c0159844_1558097.jpg


オーデンセからコペンに戻る電車の車窓から外を眺めていると、
空と雲がものすごく綺麗だったので写真を撮っていると、向かいに座っていた
男性に話しかけられた。彼はカナダ人の建築家だそうで、仕事で
ロンドン滞在中だが、週末なので大好きなデンマークに来たとの事だった。
カナダの田舎出身の彼にとって、ロンドンは忙しすぎて疲れる街なので
苦手なんだそう。ロンドンより東京・大阪の方がもっと忙しいと思うけどね・・・。
ロンドンやコペンハーゲン、カナダや日本の話、それから、
「なぜ日本人は赤毛のアンが好きなのか?」という話をしているうちに
あっという間にコペンハーゲンに到着した。
c0159844_1642597.jpg

[PR]
by lilyrose-melody | 2011-04-05 16:05 | 2006 Denmark&Malmö

Malmö(Sweden) 2006-09-02

c0159844_1528386.jpg

オーレスン大橋を渡ってスウェーデンのマルメへ。
なんとコペンから電車でたったの35分。あっという間に着いた。
駅の公衆電話のデザインと色がすごく可愛いかった。
コペンの天気は良かったのだけど、マルメの駅を出た瞬間に思ったのが
『明るい』だった。(なんか、コペンってある種の暗さがあるのよねぇ。
そこが好きだったりするんだけど。)
駅から少し離れた市庁舎前のストートリー広場にはデンマークから
マルメを奪還したカール11世の銅像と、なんだか奇妙なオブジェで飾られた
噴水があった。それから人々の流れに乗ってあるいていると、
メインストリートらしきところに出た。
歩いていて、あるビルの垂れ幕広告が目に飛び込んできた。
ん??「Idol」?このロゴってAmerican Idolと同じだ!
なるほど、コレってスウェーデン版なのね。
それにしてもこのポスターのオバサン(たぶん、ポーラ・アブドゥル的存在だろう)、
すっごい顔が怖いんですけど・・・。
c0159844_1525769.jpg


ガラス張りのオシャレなÅhléns Cityというデパートがあったので、
入ってみた。コペンと違って、全体的にオシャレな品揃え。
かっこいいパッケージのハンドクリームを買った。100g入っていて約400円。
すごい安い!もっといっぱい買ってくれば良かったなぁ・・・。
c0159844_15254582.jpg


その後、フォルムデザインセンターへ。
スカンジナビアデザインがいろいろ見ることができました。
[PR]
by lilyrose-melody | 2011-04-05 15:28 | 2006 Denmark&Malmö

Dansk Design Center 2006-09-02

c0159844_14591565.jpg

Dansk Design Centerのカフェは企画展示に合わせて改装されているらしい。
確かに、前に何かの写真で見た時と違ってカラフルでポップだった。
c0159844_1522786.jpg

常設展示のコーナーにはナンナ・ディッツェルや憧れのヤコブセンの
エッグチェアがあった。自由に試してもOKだったので、
エッグチェアに座ってみた。包み込まれるような最高の座り心地。
高価な椅子だけど、いつかは欲しいなぁ・・・。

c0159844_1532345.jpg

c0159844_1534616.jpg

c0159844_1561428.jpg

地下でやっていた『FLOWmarket』という作品がとても面白かった。
作家はMads Hagstrøm。
地下フロア一面がスーパーマーケットというコンセプト。
棚や冷蔵品を入れる什器にはシンプルな白い入れ物に黒字で書かれた
無機質なパッケージが並んでいた。しかし、そのパッケージに書かれた
文字こそが作品だろう。『stress killers』『inner calmness』
『renewable enargy』、それから、けっこうブラックだな~と思ったのが、
『fresh air』『a feeling of safety』『1/4 unconditional love』などなど・・・。
いろいろ考えさせられた。

FLOWmarket
http://www.theflowmarket.com/
[PR]
by lilyrose-melody | 2011-04-05 15:06 | 2006 Denmark&Malmö

Mew in Tivoli 2006-09-01

c0159844_23491364.jpg

さて、この旅行のメインイベント、Mewのライブ!
ライブ自体は22時からだったけど、18時ごろ一度Tivoliに寄って様子を
見に行くとすでにけっこうな人がステージの前で座って待っていた。
100人前後くらいはいたんじゃないかなぁ・・・。
21時過ぎに再びTivoliに行くと、とんでもなくすごくたくさんの観客がいた。
さすが地元だな~と思いつつ、観客を見るとほとんどTeenager・・・(苦笑)。
親と一緒に来てる子達がたくさんいました。
本国での扱いはアイドルって感じなんでしょうねぇ。
みんな歌いながら飛び跳ねてるし(笑)。
すごく良いライブだったけど、Specialの時にファンの女の子たちをステージに
上げていたのには違和感を覚えずにはいられなかった・・・。
Boはそれなりに楽しんでいたようだけど、Silasは苦笑してた。
Jonasはファンの子達がステージに上がると、逃げるようにすーっと
端のほうに移動。歌い終わって、ステージから去るときに何人かに
ハグされてましたが、顔を背けたまま、ハグも仕返さずに逃げるように
行ってしまった・・・。イヤならステージに上げなきゃいいのに。
まあ、地元だったんでファンサービスだったんでしょうけどね。
とにかく、Mewのライブは最高でした!
特にMedley (Saliva / Mica / Panda) を聴けたし♪
それに絶対に観たかったSaviours of Jazz-Ballet のキラキラ映像が
ホントに綺麗で歌と映像の融合にゾクゾクしてしまった。
Mewって観るたびに、もっとライブを観たいって思う。
ライブ後、Bo、Silas、Nickに会えたけど、Jonasに会えなかったのが残念!
でも、ライブは素晴らしかったし、Mewファンの子達とおしゃべりしたりして、
とても楽しい夜だった。

----------------
setlist

01. Circuitry Of The Wolf
02. Chinaberry Tree
03. Am I Wry? No
04. 156
05. White Lips Kissed
06. She Came Home For Christmas
07. Why Are You Looking Grave?
08. Apocalypso
09. Saviours of Jazz-Ballet
10. Medley (Saliva / Mica / Panda)
11. The Zookeeper's Boy
12. She Spider
13. Comforting Sounds
14. Special

c0159844_23494338.jpg

[PR]
by lilyrose-melody | 2011-04-04 23:49 | 2006 Denmark&Malmö

国立美術館と工芸博物館 2006-09-01

ローゼンボー離宮を横目に見つつ、国立美術館へ。
ハマスホイの絵が観れるぞ~!とウキウキしていたのだが、
なんと10月まで常設展はクローズしているとのこと。あ~、がっかり(涙)。
特別展のフランスの画家(ピカソやマティス等)のドローイング展のみ。
受付の人が、よければ近くにあるギャラリーに行ってみれば?と教えてくれた。
結局、時間がなくて行かなかったのだけど、後で激しく後悔した。
そこはDen Hirschsprungske Samlingというところで、
19世紀のデンマークの黄金期やスカーエン派の作品が多いらしい。
ってことは、ハマスホイやクロイアの絵も当然あるってことよね?
コレを知って、本当に落胆してしまった・・・。

時間がなくて急いで向かった先は工芸博物館。
デンマークデザインを中心に家具や日用品などの生活に関わるさまざまな
グッズが展示されている。日本の日用品なんかもあったりした。
こうやって改めて観てみると、日本のデザインってシンプルで粋だなと思った。
[PR]
by lilyrose-melody | 2011-04-04 23:27 | 2006 Denmark&Malmö

Roskilde 2006-09-01

郊外の街ロスキレへ。
デンマークで最も古い町のひとつで、コペンハーゲンが拓かれるまでは
ロスキレが王族の拠点だったそう。世界遺産でもあるロスキレ大聖堂には
今でもデンマーク王家のメンバーが代々眠っている。
ロスキレ大聖堂の建物の写真を撮りたかったのに修復工事中で断念。
とりあえず、中を見学。礼拝堂の両側には豪華な装飾が施された棺が
いくつも安置されていた。一人でその棺を見てるとなんとなく居心地が
悪くなってきた。と同時に、この棺の中ってどうなってるのか見てみたい
衝動に駆られた。(実際に中を見ることなんて出来ないだろうけど。)
入り口近くの壁に機械仕掛けの飾り時計があって興味深かった。

c0159844_23203321.jpg

[PR]
by lilyrose-melody | 2011-04-04 23:20 | 2006 Denmark&Malmö

★トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
神戸 レストラン
旅行口コミ情報

お気に入りブログ

heart shaped...
gilo,Enchant...

外部リンク

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

画像一覧