Globe-Trotter


好きなものや興味のあることなどいろいろ♪
by lilyrose-melody
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:2008 Finland&Sweden( 40 )

国立美術館

スウェーデンは世界的に有名な画家が輩出されておらず、
日本でスウェーデン人画家の作品を見る機会はほとんどないように思います。
そんな訳で、興味を持っていたCarl Larssonの絵を見ることが国立美術館
訪れた理由のひとつでもありました。

Larssonの絵は家族との日常の何気ない田舎暮らしの光景を
繊細なタッチで描いていて、見ているだけで優しい気持ちになれます。
細かく室内デコレーションを描いてますが、ちょっとWilliam Morrisっぽいなと
思いました。自国のアーティストなの作品数が少ないのが残念でしたね。
Tate BritainのTurner Collection みたいにたくさんあるのかと
思っていたので・・・。

国立美術館にはレンブラント、ルーベンス、ゴーギャン、ルノワール、
セザンヌなどの作品が展示されているのは知っていたのですが、
とっても嬉しいことがありました。
なんと、大好きなVilhelm Hammershøiの絵があったんです!!!
「Interior 1898」という作品でした。
Hammershøiは、やわらかな光の描き方がすごく好きです。
あと、Alfred Sisleyの絵も見れたので感激しました!
Sisleyは「シスレーの空」と言われるくらい、空を中心に描いていた
風景画家です。彼はフランス印象派の画家ですが、
イギリス人で同じイギリスのTurnerに影響を受けています。
私の写真も風景が多く、Sisley、Turner、Constableの影響を
受けているかもしれません。基本的に印象派が好きですが、
写真をやっているせいか、写実的で光と影の明暗のコントラストが
ハッキリしたCaravaggioも好きです。話がちょっと逸れてしましましたが、
国立美術館には絵画以外にも20世紀のテキスタイル、
家具や日用品などのデザインコレクションがありました。
絵画はイマイチだけど、デザインは優れているということの
アピールなんでしょうか??北欧の歴史を考えると、気候の厳しさもあり、
生きていくことに精一杯だったと思うので、生活に根ざした
プロダクト・デザインの方が発展していったのかなと思いました。

c0159844_15321087.jpg
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-08-27 15:33 | 2008 Finland&Sweden

郵便博物館

ガイドブックにあまり載っていないところを見ると、
メジャーな観光スポットではないのかも?
とにかく、ガムラスタンにある郵便博物館に行きました。
c0159844_23371472.jpg

チケット売場のおばさんに「student?」と聞かれた私達。
確かに、日本でも若く見られるけど、studentって・・・。
そんなに子供っぽい??調子にのって「そうです!」なーんて答えて、
「じゃあ、ID見せて。」と言われて墓穴を掘るのもイヤなので、
ここは正直に「adultです。」と答えて、大人料金を支払い、
いざ、館内へ。あれれ?人が全然いないんですけど・・・。
中では郵便の歴史みたいなのがジオラマで紹介されていたのですが、
なにせ、蝋人形というものが大嫌いなので、怖くてたまらず早足で
通り抜けました。そんなワケで、全く内容は把握できてません・・・。
地階に下りると子供達のワークショップがあり、ポストカードの作成を
していました。係の人が「一緒にやりませんか?遠慮せずに、どうぞ!」と
声を掛けてくださったので、一緒にやることにしました。
(もしかしたら、子供に間違われていたのかな!?)
子供達は好きなように絵を描いたり、スタンプを押したりしてハガキを
作ってました。急に参加することになり、あまりいいアイディアも
浮かばなかったんですが、模様の入った紙をハート型に切ったり、
スパンコールをつけたりして、何とか完成させました。
何種類かの中から船のデザインの切手を選び、ポストミュージアムの
スタンプを押して、室内のポストに投函しました。
友達が不安げに「いつ日本に届くかな・・・?」と言っていましたが、
無事に届きましたよ!→here
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-08-15 00:00 | 2008 Finland&Sweden

Nystekt Strmöming

Nystekt Strmömingはセーデルマルムのスルッセン駅前にある
ニシン屋台です。あんまりお腹は空いていませんでしたが、
友達が食べるというので、少し味見をさせてもらいました。
バーガーやフライの盛り合わせなどがありましたが、
オープンサンド(Skåningと表示していたような?)35SEKをオーダー。
黒パンにニシンのフライ、レッドオニオンのスライス、
その上に甘酸っぱいソースがかかっていました。
ニシンとソースのコンビネーションが絶妙で、日本人の味覚に合います。
早い、安い、美味いの三拍子揃ってるせいか、地元の人や観光客で
いっぱいでした。外食すると高いので、ココはかなりリーズナブルだと思います。

隣にはトナカイのお肉の屋台がありました。
どんな味なのか興味があります。
鹿みたいにワイルドなお味でしょうか??
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-08-14 23:09 | 2008 Finland&Sweden

Cafe HilmaSofia

もうひとつのお気に入りのカフェは、HilmaSofia。
c0159844_23173298.jpg

誰にも教えたくないくらい大好きなカフェです。
実は別のカフェに行こうと思って歩いていたのですが、その途中で偶然、
前を通りかかり、あまりの可愛さに思わず入ってしまいました。
c0159844_23553532.jpg

白い壁にダークブラウンのテーブル。レース編みのクッションや
テーブルクロス、キャンドルにピンクのお花・・・全てが可愛いくて、
女の子は絶対に好きだと思います!お店のマダムが
ランチセットのメニューを「これ、英語で何て言うのかな~??」なんて
言いながら説明してくれました。基本的にヴェジタリアンメニューのようです。
ランチセットは1プレートにサラダやフモス、パンなどが付いていて、
ドリンクもスムージーにプラス、紅茶orコーヒーでした。
デザートはワッフル(自分で焼く)でした。かなり量が多そうだったので、
スムージーとヴェジタブルスープをオーダーしました。
c0159844_23561561.jpg

スムージーはラズベリー&オレンジでした。
c0159844_23563884.jpg

トマトベースでレンズ豆や野菜たっぷりの具沢山スープだったので、
けっこうお腹がいっぱいになっちゃいました!
ライ麦パンのチーズサンドも付いていたのですが、
このパンがもっちりした食感でかなり美味しかったです♪
とにかく、Lovely&Cosyなとっても素敵なカフェ。
このカフェでfikaするために、またストックホルムを訪れたいと思いました。
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-08-13 23:57 | 2008 Finland&Sweden

Cafe Valand

Cafe Valandはストックホルムのお気に入りのカフェの1つです。
ストックホルム市立図書館から北に歩いてすぐの所にあります。
駅からだと5分くらいかな。
ドイツ人Magdalenaさんとスウェーデン人Stellan さんのÅström夫妻が
経営するカフェで、Stellanさん自身がデザインを手掛け、
1954年に誕生したそうです。BGMもなくとても静かで、ここだけ、
ゆっくりと時間が流れているような感じがしました。
まるで、古い映画に出てきそうなステキな空間。
のんびり本を読んだり、手紙を書いたり・・・毎日でも通いたくなるカフェです。
c0159844_2231313.jpg
c0159844_22313097.jpg

コーヒーとアップルケーキをオーダーすると、「ヴァニラ・ソースもつける?」と
聞いてくれたので、もちろんつけてもらいました。
ロンドンに住んでいた頃にLandladyがよく作ってくれたケーキに似ていて、
素朴だけれど、とても懐かしい味がして美味しかったです♪
c0159844_2235526.jpg

このカフェには、お茶をするわけではないけど常連らしき人達や
近所の男の子達がやってきて、Åström夫妻と店先でおしゃべりしたりして、
その光景がすごく素敵でした。
これからもずっと、変わらないでいてほしいカフェです。
c0159844_22464863.jpg
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-08-13 22:48 | 2008 Finland&Sweden

Observatorielunden

ストックホルム市立図書館の隣にはオブサーヴァトリー公園がありました。
c0159844_21511634.jpg

とても良いお天気だったので、赤ちゃんとお散歩がてら
公園に来て読書をしているママや日光浴をしている人など、
みんな思い思いに時間を過ごし、短い夏を楽しんでいるようでした。
私もロンドンにいた頃は公園で散歩や読書をしたり、
友達とピクニックをしたりしてパークライフを楽しんだものです。
なんだか懐かしい風景に出会ったような気分でした。
c0159844_215222.jpg
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-08-13 21:55 | 2008 Finland&Sweden

ストックホルム市立図書館

ストックホルムで森の墓地と同じくらい行きたいと思っていた場所は、
同じくアスプルンド建設のストックホルム市立図書館です。
c0159844_21162241.jpg

1928年にできた歴史ある建物で、円形のホールにずらっと並ぶ本は圧巻です!
c0159844_2119125.jpg

午前中に行ったので、あまり人はいませんでした。
逆にたくさん人がいたら、迷惑になるので写真は撮れなかったと思います。
シャッター音が響いてしまうので、数枚だけ撮りました。
階段に登って2Fと3F部分にも行ってみましたが、円形って全体を見渡せるし、
本自体も探しやすいな~と思いました。
1Fの児童図書コーナーの天井がzodiacで可愛いかったです。
c0159844_21255354.jpg

日本語の絵本などもありましたよ。
掲示板に貼ってあるポスターもカラフルでステキなデザインでした。
c0159844_21295230.jpg


図書館グッズを販売してるコーナーには、図書館の外観がデザインされた
トートバッグなんかがありました。
どこでもお手洗いが有料なストックホルムですが、図書館までもが有料でした。
トイレのドアに料金を入れるところがあって、コインを投入するとドアが開きます。
ちなみに料金は5SEKでした。
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-08-13 21:35 | 2008 Finland&Sweden

Boat Tour

北欧のヴェニスと呼ばれているストックホルムは大小合わせて
14の島から成り立っています。そんなわけで、、観光ボートに乗ったほうが、
全体の位置関係などが分かりやすいと思い、Under the bridges of Stockholmというボート・ツアーに参加しました。
ストックホルムの名高い建築物の多くを間近に見ながら進んでいき、
建物それぞれの歴史をさかのぼり現在に至るまでを音声ガイドで
説明してくれます。ボートは15の橋と2つの水門を通りバルト海と
メーラレン湖の両方を航行するというもので、1時間50分で180SEKでした。
とってもよく晴れていたので、気持ちよかったです。
c0159844_2343670.jpg
c0159844_2244554.jpg
c0159844_2254883.jpg

Tivoli Gröna Lundの円形ブランコを見て、ビックリ!
私の持ってるAnya Hindmarchのバッグの写真はコレだったんだ~と、
ちょっと感動しました。ずーっと、ドコなんだろうって思ってたから。
c0159844_22502525.jpg

途中で雨が降ったりしたので、最後のほうは空が曇ってました。
c0159844_22585176.jpg

ボートを降りるときには、すっかり雨も上がっていたのでよかった~。
あっという間に1時間50分が過ぎました。
いろんな橋の下をくぐって行くツアーで楽しかったです♪
他にも、ユールゴーデン島一周するコースやドロットニング宮殿に行く
コースもあるので、機会があれば、また違うボートツアーに参加したいです。
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-08-11 23:07 | 2008 Finland&Sweden

行けなかった、森の墓地

世界遺産にも登録されているアスプルンド設計で有名なストックホルムの
南にある墓地です。
スウェーデン語ではSkogskyrkogården (英語ではThe Woodland Cemetery)。
実は、ストックホルムに旅行する際に一番訪れたい場所だったのですが、
今回は行くことができませんでした(涙)。
地下鉄のT-CentralenからグリーンラインのFarsta Strand行きに乗って、
Skogskyrkogårdenで下車すれば簡単に行けたはずなのに、
なんとFarsta Strand行きが運休してました・・・。
駅員のおじさんに聞くと、「バスに乗れば行けるよ。」とのことでした。
もうちょっと詳しいことが聞きたかったので、ツーリストインフォメーションへ。
Gullmarsplanまで地下鉄に乗って、18番のバスに乗り換えれば行けると
説明してくれましたが、知らないところでバスに乗るっていうのは
ハードルが高いよね・・・ってことになり、残念だけど行くことは断念しました。
バスって乗りこなすのが難しい。自分の今住んでるエリアですら乗りこなせない。
私が乗りこなせるのはロンドン・バスだけです・・・。
森の墓地に行く為にも、必ず近いうちにまたストックホルムに来ます!
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-08-11 22:30 | 2008 Finland&Sweden

ストックホルム中央駅

ホテルに荷物をあずけて、ストックホルムの中心地に行くことに。
空港のキオスクでトラベルカードを購入していたので、ソレンチューナ駅で
今から使いたいことを伝えると、日付スタンプを押してくれました。
ストックホルムはヘルシンキと違って、トラベルカードの日付のチェックが
厳しいです。各駅の係員さん達は、しっかり日付を確認してからでないと
改札を通してくれません。(っていうか、それが当然よね!?)
でも、いちいち、係員に見せなきゃいけないのが面倒くさーい!
なんで、ロンドンのトラベルカードみたいに改札機に通せる
システムじゃないのー??
とにかく、郊外電車に乗って15分ほどで中央駅に到着!
中央駅もこれまた明るくて、とーっても広い!
コペンハーゲンやヘルシンキのような薄暗い感じは全くありませんでした。
c0159844_21555763.jpg
[PR]
by lilyrose-melody | 2008-08-11 21:59 | 2008 Finland&Sweden